住みやすい環境エリアで不動産を購入しましょう

東京のベッドタウンとして

男性と女性

利便性がよく土地が安い

皆さんは東京のベッドタウンとして人気がある、埼玉県に行った事はありますか。埼玉県は都心部へのアクセスが良好なのも人気のひとつで、東京との県境に近いの戸田市や和光市などでは、住宅需要が高まっています。全国的には人口減少などで空室率の増加が問題になっていますが、埼玉県では戸田市で5年間の人口増加率が10%以上になるなど、人気の居住地となっています。埼玉県の賃貸物件の家賃や、分譲販売価格などの不動産相場は、都内よりリーズナブルな価格設定にされています。都内で広くない部屋に高い家賃を払って住むより、都心へのアクセスが良いベッドタウンで暮らすという選択をする方が、増えているのも人口増加の要因です。また、都会の喧騒から離れた場所で暮らしたいという方々にも、埼玉県は人気の居住先となっています。埼玉県内の不動産の特徴として、市街地であればあるほど資産価値が高くなります。その理由としては東京との比較にあり、東京に比べ土地価格などが安価に抑えられているにも関わらず、交通などの利便性の差は価格ほどありません。つまり、埼玉県は生活利便性に対して地価が安いため、お得な不動産物件が多いという事がいえます。都心から近い市街地などでは特にその傾向が強く、資産価値が高い不動産が多く存在しています。都心から少し離れた郊外の街などでは、駅に近い場所でも住環境が静かであり公園なども多くあるので、一戸建て住宅を建てるのに良い所が多くあります。